受診案内

「心療内科」ってどんなところ?

わかりやすく言えば、「こころも扱う内科」です。

こころとは、心臓ではなく脳を指します。

 

こころ(脳)とからだ(身体)は常に連動し一定のバランスを保ちながら生体活動を営んでいますが、

悩みやストレスなどにより、こころがバランスを失うと、からだも不安定な状態となります。

頭痛、めまい、吐き気、動悸、便秘・下痢、倦怠感などがそうです。

内科で検査しても異常や病気は見つからず、これといった治療法もないまま本人は途方に暮れます。

しかし不快な症状は続き、不安や焦りも重なって症状がますます悪化してゆきます。

 

不眠でも不安でもうつでも必ずといっていいほど、からだの症状が認められます。

この「こころ」と「からだ」両面の治療やケアをするのが「心療内科」です。

 

身体疾患がきっかけとなり、不眠、不安、うつを生じることもあります。

また、アトピー性皮膚炎、胃潰瘍、過敏性腸症候群、気管支喘息などのように

心理的要因が大きく影響する身体疾患もあります。

どんな時に受診すればいいの?

以下の身体症状があるが、内科等で「異常がない」といわれた場合

  • 頭痛、頭重感

  • めまい、耳鳴り

  • 食欲不振、吐き気

  • 便秘、下痢

  • 倦怠感、疲労感

  • 動悸、冷汗

  • のどの詰まり感

  • 息苦しさ、過呼吸

  • 手や体の震え

 

以下の精神症状が認められる場合

  • 不眠

  • 不安、緊張

  • 落ち着かない、イライラする

  • 落ち込み、意欲の低下

  • 幻覚、妄想

  • 悲しい、涙もろい

  • ミスが多い、忘れっぽい

  • コミニュケーションが苦手

  • 整理整頓が苦手

  • 集中できない、気が散りやすい

 

初めて受診される方へ

初診時は

健康保険証(各種保険取り扱います)

服薬中のお薬があればそのお薬手帳か薬剤情報提供書をお持ちください

他の医療機関に通院中の方は、可能であれば紹介状をお持ち下さい

公認心理師が不在のため、カウンセリングや心理検査は行なっておりません。

診療の流れ(初診の場合)

予約

電話でお問合せください。困っている事をお伺いします。

電話:0198-22-6000 

 

 

受付

来院時に問診票をお渡ししますのでご記入下さい

 

 

予診

問診票を元にスタッフが症状をさらに詳しくうかがいます

 

 

診察

医師による診察や処方を行います。

 

 

検査

必要に応じ血液検査を行います

 

 

会計

診察料の他、各種検査がある場合は検査代がかかります。

また、お薬の処方のある方はその他に薬局で薬代がかかります。

処方薬がある方は処方箋を受け取ってお帰り下さい。

調剤薬局は当院のすぐ近くにあります。

上に戻る